体に出現する症状で原因がわかる|ストレスを侮るなかれ

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

精神障害をサポート

紙

ありのままの受け入れ

うつ病になる原因の1つがストレスで、女性は右脳と左脳の連携が良いため、恐怖などの感情を体験することによって脳全体に影響が現れます。そのため、感情的なストレスを受けやすいと考えられており、精神障害としてのうつ病を患うケースは女性が多いのも知っておきたい情報です。さらに女性ホルモンであるエストロゲンがうつ病の発生に関わっていることや、うつを抑制させる説もある男性ホルモンのテストステロンが女性に少ないなどの理由も挙げられています。うつ病の症状には不眠など身体的不調をはじめ、好きなことをしても気分が晴れずに楽しむことができない空虚感、さらには自尊心の低下などが挙げられています。早期発見・早期治療が求められており、精神科・心療内科が専門科として携わってくれます。自律神経調節薬や抗不安薬、抗うつ薬などによる症状の緩和が提案されていますが、日本独自の心理療法として、不安や恐怖、精神的な葛藤など症状をあるがままに受け止める行動プログラムも体験することができます。ストレスに結び付く悩みなど、乗り越えられる力を自然と身に付けることができるテクニックの1つです。

泣く行為が人気

精神科などにおいては、心理・社会的なストレスとの関わりが深いうつ病の治療にあたってくれますが、一般心理療法が評価されています。安心感はストレスを和らげることに直結しており、気持ちを受け入れてくれる医師との出会いや信頼関係も注目されています。特にうつ病は女性に多い精神疾患で、女性は非言語情報を見逃さない感覚に優れています。会話をしながら、言葉以外の表情などを注意深く観察することに優れ、相手がどのような心境かを察知することができるため、その情報がデメリットとなる場合、ストレスとして脳内に蓄積されてしまいます。専門科でも女医が携わることで女性の真相心理まで紐解くことができ、軽いうつの症状の場合には早期治療による完治も可能にしています。薬物療法や心理療法が一般的に提案されて支持されていますが、近年、ストレス発散の効果がある涙を流す療法が人気を集めています。鬱積した感情や葛藤などを涙を流す行為で発散させることで、心の浄化に結び付けています。苦しみなどが流れたように感じ、清々しい気持ちに導くカタルシスとよばれる緩和の1つで、映画や音楽、思い出話など、涙を流す治療が身体へ負担をかけない点でも評価されています。