体に出現する症状で原因がわかる|ストレスを侮るなかれ

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニンで予防

悩む男性

脳内神経伝達物質を増やす

現代はストレス社会と呼ばれる時代でもあり、ストレスを感じない人がほとんどいない世の中となっています。そのためにも上手に生きることができるように、ストレスを普段から解消できる方法を取り入れなければなりません。解消できずにため込んでしまうと身体に負担をかけてしまい、うつ病を発症してしまう人も現代では増えています。家族や恋人などの大切な存在の死、人間関係の悩み、転勤や引っ越しなどによる環境の変化、学業や仕事へのプレッシャー、家庭環境など、ストレスは少しの精神的なバランスの乱れによって症状が出てきます。普段健康な状態の人の場合は、ストレスは脳内の神経伝達物質が緩和させるよう、精神的な状態を安定させようと動いていきます。しかしその脳内の神経伝達物質の力が弱くなってしまうと、ストレスに対応する力がなくなり、つらく感じてしまうようになります。普段の生活習慣から脳内神経伝達物質を増やしていくことが必要です。その方法は太陽の光を浴びることで、光は脳内にセロトニンを分泌させるのに役立つ力を持っていることで知られています。

セロトニンが大切

うつ病の症状が現れる原因の1つが、セロトニン不足です。セロトニンが不足すれば脳の働きが弱くなり、情緒不安定となりやすくなります。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、精神的な面で非常に大きくかかわってきます。しかし最近の現代人は、室内で仕事や学業など作業に取り組む時間が多くなり、外に出る時間が少なくなっていることがあります。室内にいる時間が増えてしまうと太陽の光を浴びられず、セロトニンが不足し、うつ病となる可能性が高くなってしまいます。現代病とも呼ばれるうつ病にかかる人が増えている原因にも、室内で過ごす時間が多くなってきていることも挙げられています。ストレスを感じる時間が多くなってきているのであれば、なおのこと外に出る時間を増やしていくことが大事です。ベランダに出て光を浴びるだけでも良いですし、ちょっと散歩するだけでも体を動かしてストレスを発散させることができるので、症状を落ち着かせるために良い効果を引き出せます。うつ病の症状を予防するためには、ストレスを上手に付き合うことが大切です。