体に出現する症状で原因がわかる|ストレスを侮るなかれ

ストレス緩和で症状を緩和
このエントリーをはてなブックマークに追加

緊張も身体に影響力がある

カウンセリング

身体に現れる症状は薬によって完治できるものの、心に現れる感情などから引き起こる様々な症状はストレスが原因である場合が非常に多く、ストレスを和らげることがポイントです。様々な場面でバランスを図れる術を持つことも、医療機関に度々通院が難しい場合の対処法に挙げられています。

詳細へ

筋肉の緊張が原因になる

悩む女性

頭痛の原因がストレスだという人は、日常生活でストレスを抱えることが多いこの現代社会では少なくありません。自分なりのストレス解消法を見つけ、それを実践していくことが症状を改善するための有効な方法になるでしょう。

詳細へ

圧迫されるような頭の痛み

女医

ストレスによって起こる頭痛の代表的なものに、緊張型頭痛があります。同じ姿勢を長時間続ける、あるいは精神面でのトラブルなどで症状が引き起こされます。この場合は筋肉をほぐし、血行をよくすると同時に、軽い運動をしてストレスを軽減するのがお勧めです。また自分で市販薬を飲む場合は、飲み過ぎないように注意しましょう。

詳細へ

セロトニンで予防

悩む男性

ストレスによってうつ病の症状が現れてしまうケースは多くあり、病気にかかる人は増えています。ストレスを発散できる方法を普段の生活の中で取り入れ、脳内神経伝達物質の1つとなるセロトニンを分泌させるために、外に出て太陽の光を浴びることが必要です。

詳細へ

精神障害をサポート

紙

気分の落ち込みなど、精神障害として周知されるうつ病は男女ともに見られる病気ですが、女性の方が男性よりも多く症状が現れているのが特徴です。特にストレスを蓄積しやすく、感情を秘めて表さないことで重症化しやすく、早期発見は医療機関でも重要視しています。

詳細へ

陥りやすいタイプを診断

女性

負担に気付かない

精神的な症状にも様々なタイプがあるため、精神科・心療内科においては、背景に本人の自覚していないストレスが無いのか、特に初診のカウンセリングに時間をかけています。精神的な症状は、身体的な症状の原因になっていることもあれば、結果として起こっている例も挙げることができますが、中には、どちらが原因なのか結果なのか、はっきり判別しにくい場合も挙げられています。また、その症状は1人1人異なり、それによって心理療法や薬の使い方なども異なってきます。例えば、ストレスを抱え込むタイプには、子供の場合には優等生であったり、社会人では真面目など、普段他人から尊敬される、あるいは期待を一身に集めている人にも多く見られます。ですが、本人はプレッシャーをストレスと感じていないケースも実情として挙げられており、気付かない内に追い込み続け、精神的に落ち込みが強く現れてから精神科・心療内科を受診するケースもあり、抑うつ状態になってしまう例もあります。こうした自分のストレス度合いや体調の変化に早く気付いて対処することが重要であるため、医療機関においては、日頃から日記を記すなど、メモ書きを行っておくことも診断の判断材料となる他、自分での気付きにも繋がる利点の1つに挙げています。

息抜きをアドバイス

わずかなストレスに対し、脳や腸などが敏感に反応し、様々な心身の機能異常を引き起こします。ストレスがかかっている状態では、痛みなどを感じるレベルも敏感になり、軽い痛みの症状でも強く現れる場合があります。その症状が原因となり、抑うつや緊張、不安といった精神的な症状が進んでしまうことが多く見られます。精神科・心療内科では、過労や睡眠不足などで体力の低下、暴飲暴食や冷えなど、免疫異常などからもカウンセリングを行い、心理的な要因を明確にしてくれる特徴があります。また精神科・心療内科では、仕事・勉強・習い事・育児など、精神的なストレスの要因に時間的に追われているケースを視野に入れた治療を提案してくれます。例えば、普段から息抜きの時間が持てたり、少しずつでも発散する方法を持たせることにより、症状を和らげることが可能です。抱え込むことで、1つ1つのストレスがそれほど大きくなくても刺激が積み重なり、様々な症状を繰り返す悪循環にとらわれやすいため、こうしたマインドコントロールできる治療も展開されているのも特徴の1つです。